キャッシングやカードローンの返済遅延

新規の審査が通らなく可能性

返済遅延で、強制解約になってしまった場合、新規のキャッシングやカードローンだけではなく、クレジットカードなんかの審査も通らなくなってくる可能性があります。

 

また、現在契約している他社との更新にも、大きな影響が及びます。
返済遅延は、遅延した消費者金融との契約だけではなく、他社にも及んでしまうのが非常に怖い所です。

 

消費者金融と1社しか契約していない場合はまだ良いですが、多数契約しており、自転車操業状態で返済をしている人にとっては、他者の契約にも影響が出てしまうのは、死活問題に直結します。

 

それこそ、現在契約しているキャッシングやカードローンが全社ダメになってしまう可能性もあります。
一社がダメになってしまうことで、周りも総倒れしてしまうと、非常に返済が厳しくなってしまいます。

 

ただし、考え方によっては、そこまで返済に無理が生じているのであれば、返済を他者のカードローンで補う生活から抜け出すチャンスでもあります。

 

契約解除になったとしても、一括返済を求めてくるケースは少ないので、『借り入れをしないで返済する習慣』をつけるチャンスだと思って、受け入れるのも一つの手段です。

 

新しい借り入れというのは、新しい借金を招くだけですので、一度どこからも借りれない状態になってしまった方が、多重債務の苦しみから解放されるとも考え、一から人生をやり直すきっかけにもなります。

 

全社が契約解除になったとしても、多重債務者にとっては、将来的に、良い方向へ向かう可能性もあります。

行き詰まった場合は副業も検討!

ただし、やはり一度借りたお金については全額返済する必要があります。

どうしても返済するのに、今のお給料ではきついと言う場合、副業をしたり、年収UPを狙って転職をするという方法もあります。

 

副業の場合、公務員や会社で禁止されている人は難しいかもしれませんが、今のライフスタイルを変えないで収入を増やせる方法なので、就業規則に触れないのであればおススメです。

 

平日は忙しくて、夜の仕事が難しいという場合は、休日だけのアルバイトがおススメです。
平日に比較的に残業がなく、夜の時間に余裕があるんだったら、夜の時間帯にアルバイトを入れる方が良いでしょう。

 

夜のアルバイトと言っても、水商売系のアルバイトばかりではありませんので、コンビニやサービス業、清掃やガードマンなんかの仕事もあります。
どうしても返済が苦しくて何度も遅延してしまうようでしたら、やはり収入を増やすのが一番の解決になります。

 

副業分の収入を丸々返済回すことができれば、かなり返済が楽になってきます。

 

何度も何度も返済が出来なくて消費者金融に連絡をするよりも、やはり完済するまでの辛抱として、副業を続けて頑張った方が、楽になる可能性が高くなります。

 

一度くらいの返済遅延は許してもらえる可能性がありますが、長期の返済遅延が続いているようだったら、やはり返済が長期的に上手くいくように、努力をする必要があります。

 

何度も返済遅延を起こしている人は、副業などを真剣に検討してみましょう。