キャッシングやカードローンの返済遅延

ある日突然の限度利用額『0』

返済の遅延を放っておくと、実際にはどんなことがまっているのでしょうか?

 

よほどひどい使い方をしている人ではない限り、突然契約解除になることは少ないですが、まず一番最初に考えられることとしては、『新規の借り入れ』がストップすることです!

 

新規の借り入れがストップとなれば、借金だけが残ってしまい、ほぼ契約解除と同じような状態になってしまいます。
一度新規の借り入れがストップになってしまうと、一度全額返済が終らない限り、なかなか復活しないケースが多いので、非常に難しい問題です。

 

かなり残高が残っている人の場合は、かなり死活問題になってくるでしょう。

 

返済の遅延を繰り返していると、次からは好きな時に借り入れが出来なくなってしまいますので、やはり新規の借り入れをこれからも利用したいと思っているのであれば、返済遅延はしないように気をつけるべきです。

 

1回くらいの遅延であれば、突然新規の借り入れがストップすることはあんまりないですが、これが2回、3回と続いたり、たった一回の返済遅延でも数か月の長期遅延があった場合には、すぐにでも新規の借り入れが止まる可能性が出てきます。

 

これまでの返済の実績などが考慮されて判断されるので、その消費者金融ごとに条件は違ってきます。

 

私の経験上では、一回遅延しただけでは新規の借り入れが止まったことはありませんでしたが、人によっては「1回でも止まった!」というケースは出てくる可能性が十分あります。

 

返済遅延で解約へ

返済遅延の中で、最も気をつけないといけないのがやはり『異動情報』に影響する『長期の遅延』です。

大体1か月程度の遅延になってくると、やはり消費者金融の方でも、2か月まとめての支払いというのを拒否するようになってくる所も増えてきます。

 

借りている方からすると、「来月にまとめてでも良いじゃん」という感覚がある人も時々みかけますが、顔も知らない人間にお金を貸してあげているのに、更に返済がなく、1か月も待つ必要が貸し手にあるのでしょうか?

 

そもそも、1か月後になったら本当に借金をまとめて払ってくれるかも怪しいものです。
1か月分の返済が出来ない人が、なぜ1か月後に2か月分をまとめて支払うことができるのでしょうか?

 

ボーナスの時期などであればそれも出来るでしょうが、やはり普通に考えると、1か月分を払えなかった人間が、翌月に2か月分を支払うというのは、やはり難しいものがあります。

 

1か月以上の返済に消費者金融が厳しくなってくるのも無理はなく、やはり長期の返済遅延がある場合は、強制解約扱いになる可能性が出てきます。
新規の借り入れ停止で済むのであれば、相当な温情処置と言えます。

 

長期の返済遅延については、やはりどこの消費者金融も非常に厳しくなってきますし、返済の電話の口調もきつくなってきます
この状態になる前にどうにかするのが望ましいですが、長期の遅延になってしまった場合は、解約という最悪の辞退も覚悟しておく必要があります。