キャッシングやカードローンの返済遅延

返済遅延で待ってくれるのは平均的に1〜2週間程度

よく返済遅延をしている人が、ネットで色々な質問をしているのを見かけます。

中には「来月まとめて2か月分を払いたい」と言っている人も。

 

しかし、返済遅延は、基本的には1か月未満に支払わないと、非常に厳しい対応を迫られます。
勿論、早ければ早いほど理想的ですが、大体の場合は1、2週間であれば待ちます。

 

これはクレジットカードの支払いの遅れなども同じだと思います。
許容範囲とは言ってはいけませんが、まともにこれまで払ってきた人だったら、その程度だったら待ってもらえる可能性が高いです。

 

比較的緩いところであれば、3週間くらいまでOKということもあると思います。
やはり出来るだけ早く遅延分を支払わないと、その分だけ利息も高くなってしまいます!

 

遅延料は年利20%前後と非常に高く、遅延している期間が長い人ほど、後になってから大変になってしまいます。

 

それこそ、1、2週間分だったらまだ良いですが、大金を借りている人の場合は、1ヶ月も遅延したら、年利20%の遅延料金を取られるとなると、やはり結構な額になってしまいます。

 

それだけに、消費者金融などでも、1か月以上の遅延となってくると、ちょっと由々しき事態に発展するのだと思います。

 

やはり出来るだけ遅延はしないことが望ましいので、遅れてしまった時には、1日でも早くお金を工面して、支払いをしてしまった方が心が軽くなると思います。

 

長期の遅延は、精神的にも経済的にも負担が大きすぎます。

3週間を超えての返済は厳しい口調になってくる!

うっかりミスで1日や2日程度の遅延をした場合は、それほど消費者金融の口調は厳しくありません

漫画などでよく見かける、借金取りのような厳しい取り立ては、まずその段階では考えにくいです。

 

万が一あるとすれば、それは闇金です。
一般的な大手の消費者金融では、1日遅れたくらいでは、家に催促しに来たりすることはありません。

 

謝罪と早々に入金を済ませれば、「次回からは気を付けて下さい」と注意をされて住んでしまいます。
しかし、これが3週間以上とか、1か月以上の遅延になってくると、やはり消費者金融も厳しい取り立ての口調になってきます。

 

1日遅れた時とは大違いです!
やはり短期の遅延に比べて、長期の遅延というのは、いかに重い責任なのか、はっきり違いが出てきます。

 

スタッフの感じが良い消費者金融でも、やはり取り立ての時には、非常に厳しく冷たい口調になってきます。
その雰囲気に、「あれ、これはまずい・・・」と感じる人も多いと思います。

 

やはり消費者金融も人によって、態度を変えています。

 

真面目に払っている人には、勿論親切に優しい口調で接しますが、借金を踏み倒しているような人には、やはり口調がきつくなります。
スタッフの対応がきつくなってくるのは、やはり1か月以上の遅延が発生するよう場合が多いので、長期の返済遅延は絶対に止めましょう。

 

また、短期の返済遅延も、数が多くなってくると、やはり厳しい口調に変わってきますので要注意です。