キャッシングやカードローンの返済遅延

初犯ですぐに振込できるならそれほど厳しくない!

キャッシングやカードローンで返済遅延した時に、多くの人が心配になるのは「相手が怒っていたらどうしよう・・・」という不安だと思います。

これは筆者の経験ですが、『初犯ですぐに支払いができる』なら、そこまで怒られることはまずありませんでした。

 

例えば、返済期日をうっかりしていて、翌日の朝一に返済が遅れてしまったことを電話で連絡をしたら、ある消費者金融なんかは「早くにご連絡頂けて良かったです!」と、全く返済の遅れについて怒られませんでした。

 

簡単な遅延料金の説明と振り込み方法の確認だけして終わりました。
初犯のうっかりの場合は、目くじら立てて「よくも遅延したな!」なんて消費者金融から言われることは滅多にないと思います。

 

闇金のような場所で借りてしまうとわかりませんが、一般的に言う大手の消費者金融だったら、これまで真面目に返済をしてきた実績がある人だったら、初回のうっかりは大目に見てもらえます。

 

初犯でも問題になるのは、借り入れしてから『最初の返済』で躓く人です。
さすがに初犯であっても、これまでに返済実績がない人が最初の返済から遅延してしまうと大問題です。

 

それこそ新規の借り入れが停止になる可能性もありますので、非常に注意が必要になってきます。
最初の返済については、親に泣きすがってでも、お金を工面して支払いをすることをお勧めします。

 

心象がかなり悪くなってしまうので、出来るだけ最初の返済は守るようにしましょう。

1か月以内であれば待ってくれる可能性も

キャッシングやカードローンの返済は、一体どのくらいであれば待ってくれる可能性があるのでしょうか?

私の経験上、1〜2週間程度であれば、よほどの常習犯ではない限り、返済を待ってくれる可能性があります。

 

常習犯の場合は、何度かの返済遅延が起きた時に、強制解約を条件に返済期日を待ってくれる場合もあります。

 

どっちにしても、何度も何度も返済遅延を繰り返している人は、やはりかなり厳しい状況になりますので、いつかは契約解除も覚悟する必要があります。

 

一般的に、これまではずっと遅延しないで返済してきた実績がある人であれば、相談をしてみると、返済期日を伸ばしてくれる可能性がありますので、一度電話してみましょう。

 

ただし、返済するのが1か月後になってしまったりする場合は、『アウト』になる可能性が高くなってきます。
1、2週間であれば比較的応じてくれる消費者金融も、1か月待ちとなってくると、さすがに対応してくれなくなってきます。

 

どんなに返済遅延に対して、寛大な消費者金融でも、3週間程度が限界になってくるケースが多いと思います。
それ以上の支払いになってしまうと、かなり厳しい処分になると覚悟をしましょう。

 

そのため、返済日を申し出る時には、出来るだけ早く『確実』に払える日を約束しましょう。
確実に支払いが出来ないと、更に信用がなくなりますので、『早くしないといけない!』という焦りからいい加減な日程を言うのは止めましょう