キャッシングやカードローンの返済遅延

ベストは『事前に相談』!

キャッシングやカードローンで返済遅延をしそうになった時には、『早めに事前相談』をしましょう!

相談は早ければ早いほど良いです。

 

出来れば、返済日までには、必ず連絡をしたいものです。
ただし、返済期日は、電話回線が非常に混みあいますので、なかなか電話がつながらないこともあります。

 

会社で働いていて、なかなか電話をかける暇がない人は、事前に余裕がある時に相談をしておくのが一番です。
やはり最初に連絡をしておくことで、最低限の誠意を伝えることができます。

 

返済をする意志を見せることが大事です。
やはり返済期日を過ぎてから連絡するよりも、事前に連絡をした方がやはり印象が良くなります。

 

その際、「○日だったら支払える」というように、具体的な日程が言えるようになっていることが望ましいです。
消費者金融によっては、その日程に支払いができる根拠についても聞いてきます。

 

その際には、「給与が入るので」と、理由も一緒に沿えておくと、言葉に重みが加わります。

 

やはりどうしても支払いが無理になってしまった時には、ついつい自分からは電話をしにくいものですが、返済遅延した時こそ、やはり自分から連絡をするのが一番のポイントです!

 

自分でお金を借りたんですから、返済が出来ない時には、ちゃんと自分から連絡をするようにしましょう。
たった一本の電話で、債務者の印象も大きく変わってきます。

 

電話ができるかできないかっていうのが、キーポイントになってきます。

『事後相談』の場合は出来るだけ早く連絡を入れる!

万が一、返済期日を過ぎてしまった場合は、出来るだけ早く消費者金融などに連絡をいれるようにしましょう!

『事後相談』になってしまう場合、『早く』電話をしないと、消費者金融の方から返済の催促の電話がかかってきてしまいます。

 

消費者金融から催促の電話が来てしまった場合は、『OUT』
あまり良くない対処をしてしまったと反省しましょう。

 

キャッシングやカードローンで返済が遅れた時は、『消費者金融から電話が来る前が最低のボーダーライン』です。
出来れば翌日の朝一か午前中には連絡をしたいものです。

 

消費者金融から電話が来るまで対応が遅れてしまった人は、次回から気をつけましょう。

 

なかなか自分から連絡をするのは気が憂鬱かもしれませんが、それでも自分から連絡するのと、相手からの連絡待ちでは、お金を貸している人からの印象が違ってきます。

 

「こっちが何も言わなければ連絡一つよこさない人間」と思われてしまったら、返済遅延という事実以上の大きなダメージが残ります。
返済が遅れてしまっても、常に逃げずに連絡を取ってくる債務者の方が、やはり貸し手からすれば安心感があります。

 

ただでさえ、返済遅延で悪いイメージがついている時ですから、少しでも信用してもらえるように、まずは自分から連絡をすることを心がけましょう。
また、消費者金融から連絡が来た時に電話に出れなかった人は、出来るだけ早く折り返しの連絡を入れることも大事です。

 

放っておくと、『逃げている』ように思われてしまうので非常に心象を損ないます。